ライブ終えて

2019.6.9(Sun)

お昼一つ目のライブ。
玉島の通町商店街で毎月開催されているてまりLIVEで唄わせていただきました。

今回の6月はちょうど4周年記念のイベントで、たくさんの人たちで賑わっていて唄う方も聴く方も朝市に来られているお客さまも、音楽スペースで行われていたライブがとても華やかでした。

kimi to rainieでは一昨年の周年の時にも唄わせていただきましたが、しばらく空いて久しぶりのてまりLIVE。
顔なじみの方がおられながらも、倉敷での活動があまりない私たちにとっては知らない方も多くちょっと緊張気味。
知った顔が見られるとホッと一安心という気持ちでした。

今回主催のSnow❄︎Flowerあみかさんから依頼を受け、周年記念ステッカーのデザインをさせていただいていましたが、当日そのステッカーが希望のみなさんに配られていて、私の紹介もしてくださりすごく光栄でした。

可愛いねと声をかけてくださる人もいたり、あとでこのステッカーをどこかケースに貼ってくださってる写真をsnsで見かけたりして、なんだか照れてしまう気持ちとうれしい気持ちでいっぱいでした。

依頼をいただけて本当に感謝しかありません。

心からありがとうございます。

ライブの出番はお昼過ぎからでしたが、朝市が12時で終わった後もてまりLIVEのステージはたくさんの方が残られ最後まで賑やかな声が飛び交っていました。


(写真をいただきました。ありがとうございます。)

私たちは私たち精一杯の心の歌を。

いろんな方がそれぞれに話したり見てくれ聴いてくれたりしている姿を見つめながら、歌える喜びを感じながら奏でました。

終わった後に声をかけてくださる方もいて、本当に励みになりたくさんの感情をいただきました。

これからも、そっと安らげる止まり木のようなてまりLIVEに、音楽をする人もしない人もたくさんの人が集い、続いていくといいなと願います。

楽しいひと時を本当にありがとうございました。

┈︎┈︎┈︎┈︎☽⁎

夜二つ目のライブ at Live Stage Ark


随分ぶりの女子力アーティストの宴。

顔なじみの共演者さんやはじめましての方と過ごす中身の濃い音時間。

唄いながら奏でながら、光の向こうに目を凝らす。

ゆったりと聴いてくださってるのかなという姿が目に入ると、とても落ち着いた優しい気持ちで唄えた夜。

ステージの光の中でみなさんの姿を目に焼きつけながら、少し気が遠くなりそうになるほど広がる音に包まれていろんな感情が溢れました。

sionさん作詞作曲の『君といたい』

何度かは公の場で唄ったり動画もupしたりしている中、新たに歌詞が出来たりアレンジが変わったりの経緯を経て、昨日の形でやるのは初めての日。

お昼のてまりでも唄いましたが、野外とライブハウスという違いやいつも奏でている場所という安心感の違いも少しだけあって、またお昼とはちょっと違う感情が溢れ..どんな気持ちで聴いてくれているのかはわからないけど、なんだか優しい気持ちでホッとしたような感覚で泣きそうになったり。

たくさんライブ活動は出来なくても、また必ず唄いたい、唄っていきたいと静かに熱く想うあったかい時間でした。

今回のライブの『君といたい』と『モノクロームの片隅で』をYouTubeにupしています。

よかったらぜひ見て聴いてみてください◟̆◞̆*

一日に二つのライブ、少し気持ち的にはキャパオーバーなところもありましたが、終えてみてどちらの場所でも唄えてよかったなと感じています。

やっぱり唄ったり奏でたり出来ているのは心の充実度が違います。

これからも二人のペースでぼちぼちやっていけたらいいな *ஈ ⚘ ꕐ

昨日一緒に時間を過ごしてくださったみなさん、本当にありがとうございました。

*唄うたい *絵描き *創り人 ┈︎┈︎┈︎ AmeSuzuki ◟̆◞̆* 切なさの中にある "小さな温もり" をテーマに、優しい色彩が特徴のイラストを描いたり、曲を作りピアノ弾き語りライブをしたりしています。夢や想いをアーティスティックに形にしたい ⚘
Ame

Leave a comment