音楽と最近の心の中

先日Ark13周年祭ライブに出演した時に、新たな試みで音源流しながらピアニカもライブに取り入れるという形でやってみました。

まだまだ試行錯誤は続くかもしれないけど、今作っている音楽の“こんなふうに奏でたい”というイメージが自分の中でだいぶ明確になった気がします。

その後はいつも使用のエレピではなく、大きなピアノを持ち込めない場所なんかでももう少し気軽に演奏出来ないかなど模索していて、先日あった音楽広場れんとさんでのフリーライブの時また試みをさせていただきました。

ipadからバックグラウンドで波の音を流しながらmidiのキーボードをipadの音源を使って音を出し演奏してみました。

panがうまく振れていなかったようで片方からしか出てなかったそうで、またひとつ課題を持って帰りました。

そして家でやってみてこれでうまくいくだろうという状態に持って行けたので、またどこかのフリーライブでやらせてもらいたいなと思ってるところです🌿

┈︎

音楽は自分の表に出せない気持ちを外に出すための手段という役割が今でも大きくて、切ない想いやどうにも出来ないやるせない気持ちなど、言葉ではなかなか伝えられない想いを唄っています。

どうしてか、幸せいっぱいの時より辛く悲しい時の方が感情が溢れ言葉が出やすい傾向にあります。

なので結婚して二人一緒になり、以前に比べるとそこまで気持ちを外に出したいということがなく、音楽もそこそこに出来ていればいいかなとそうなふうに思うことが多くなっていました。

今もどちらかといえばいろいろ気持ちも落ち着いたのでそういう部分が多いのだけど、最近は30分枠の正式なライブにはあまり出ておらずフリーライブや飛び入りなんかに行くことが多いので、いろんなことに気軽に挑戦出来る環境もあって、また前とは少し違う感じで音楽をすごく楽しめているようです。

そして、こういうことにもチャレンジしてみたいなぁなんていう意欲が少し沸いているところでもあります。

いろんな場所で年齢も性別も音楽ジャンルもさまざまな方々と触れることが多く、とても刺激になっていてその出会いの中で感じたものを自分の音楽に取り入れられないかというふうに思ってしまうのです。

今でもなかなか自分たちの音楽を受け入れてもらえていないという感情は溢れるくらいありますが、少数でも心地よく感じてくださる方がいることは理解しています。

音楽というものもいろんな形があっていいと思うので、やっぱり最終的には“私たちの声で私たちの音を奏でよう”という感情に落ち着きます。

なんにしても、やってみようといろんなことにチャレンジ出来ているのはとってもいいことだなと私たち自身も思っています。

しばらく次のライブまで時間があるので、新曲を詰めてもっといい演奏が出来るように回数重ねて練習していこうと思います◟̆◞̆*

*唄うたい *絵描き *創り人 ┈︎┈︎┈︎ AmeSuzuki ◟̆◞̆* 切なさの中にある "小さな温もり" をテーマに、優しい色彩が特徴のイラストを描いたり、曲を作りピアノ弾き語りライブをしたりしています。夢や想いをアーティスティックに形にしたい ⚘
Ame

Leave a comment