kimi to rainie

ᴺᴱᵂミニアルバム完成と心模様

Ame’s worksのこちらのブログはやっぱりメインのページです。

あちこちへ書いてしばらく止まってを繰り返して相変わらず続くのか続かないのかわからない私のペースです。

それでも少し前に始めたこの絵や音楽を紹介する私の足跡👣のようなページを止めようとは思わなくて。

気まぐれ更新だけど、お付き合いくださる方は気長に気まぐれに読んでください。

sionさんとの音楽サイトkimi to rainieブログには少し書いてますが、この度初めてのミニアルバム『雨と月夜のノクターン』が完成しました。

このミニアルバムはレコーディングやアレンジ、ミックス、マスタリングなど、ジャケットデザインも含め全て自主制作で作り上げました。

最近はめっきりライブが出来ていないし、発表の場もすぐにすぐないような状態だったのに、どうしても作りたかったkimi to rainieの音源。

たくさん時間を費やしてなかなかの苦労物だったけど、出来上がった音を聴いているととてつもない達成感で溢れていました。

いい大人なのにめんどくさいほど子供じみた性格で人一倍承認欲求が強く、なぜか人に認めもらえてないと思ってやまなくて、どうしても認めてほしいとそればかり思いいつも独りよがりの時間を過ごしている気がする私。

もう少し自分を受け入れて、人の想いを信じればいいのに。なかなか出来ずにいて苦しんでいました。

その気持ちを癒してくれたり救われる想いがするのが、自分の作品に何かしらの感想をいただけたり一番はよかったよと言ってもらえること。

作ってよかったを通り越して生きててよかったとまで思うくらい、そんな言葉をいただけたときは心の奥底から喜びの感情と、認めてもらえた..という感情が湧いて来ます。

今回のミニアルバムでも最初に先行配信が始まった『モノクロームの片隅で』を含め数名の方に感想のメッセージを送っていただきました。

涙が出るくらい嬉しい。

小さな子供が親御さんに褒められて嬉しいのと似ているのかな。本当にいい大人なのにバカみたいだけど。

ミニアルバムは全5曲収録でアコースティックに加え打ち込みで音を作りましたが、曲の良さを活かせるようなアレンジを考えました。

起承転結を少しでも意識して最後のクライマックスに向かえるように。

音楽制作もAme’s worksの中の一つなので、こちらにもミニアルバムのダイジェストを載せておこうと思います。

気になるな、本編聴いてみたいなと思う方いらっしゃいましたら直接でもcontactからでもご連絡ください。

ちなみにこのミニアルバムも配信予定なので、後々にはApple MusicやSpotifyなど各音楽サイトでもダウンロードしていただけるようになります。

┈︎┈︎┈︎┈︎┈︎┈︎┈︎┈︎┈︎┈︎┈︎┈︎

ライブが出来ていないことは前だったらストレスに感じることだったろうか。

唄うことがライブをすることが人生のサイクルに組み込まれていた年月を10年ほど過ごして来て、当たり前になっていた中、小休止中のような今の期間。

せっかく音源作ったのだからやっぱり聴いてほしい、その想いもあるので唄わせてもらえるところにお願いしたりしてみています。

一つ1/25(土)にLiveStage Arkさんでライブが決まりました。

そしてもう一つ日にちがあまりないですが急ピッチで年内にまったりしたライブを企画中です。

調整中のため、決まり次第お知らせしたいです。

*⑅

ライブが出来ても出来なくても、創作活動は続けたいし、より良い作品を仕上げられるようにしていきたい。

そんな想いでいます。

心の中でもがくのもいいけれど、たまにはその想いを外にも出して奮い立たせられたらいいなと思います。

それではまた。

テキストのコピーはできません。