Diary

想い、決意

今日はsionさんが午前だけ出勤して帰って来た後、楽しみなことが待っている。
昨日一人で楽器屋さんに行き試奏させてもらった楽器があるのだ。

その楽器を迎える。

私は何に怯えているのか、誰に何を言われたわけでもないけど各SNSをやっているとオープンなわけだからどこかで見ているかもしれない誰かの影に怯えることもある。

少し前話した人と何気ない会話の中で、出た言葉。
その後その方は訂正をしてくれたけど、それは違うと思いながらも自分でも全部が全部否定できない事実。
自分にもう少し自信があればこんなに苦しむこともないだろう程の自信のなさとは裏腹に、自意識過剰な一面(私の中では決して自信があるわけではない)。

身分不相応と言われるかもしれない。
だけど、私の中での漠然としてるけど確かにある想い、決意。

やってみたい、好きだから、そんな気持ちだけで動けるような年齢では決してないかもしれないけど、それがなかったらたぶん何も出来ないし動けないと思うから。
だから、その尊い気持ちは大切に大切にしたいと思った。

また紹介出来たらいいなと思います。
いろいろ思う人がいるだろうと頭で思うことがすでに自意識過剰なんだろうな。

思う人がいたとしても、私は私が信じる直感を大事にして音楽も作品作りもこれからも続けていこうと思います。

テキストのコピーはできません。