雨音ワルツ

 

少し冷たい風  雨の夜  君と僕
小さな傘の下  踊るように手を広げ

いつか夢に見た  穏やかな毎日
ポツリと伝う雨粒  どこか優しい

手を繋いでどこへでも行けるよ
ふたりで歩くこの道  雨音ワルツ

通り過ぎた黒猫  月の雫追いかけた
夢でも傘の下  少しも怖くはない

おとぎのおはなし  静かな夜ふけ
僕の心に雨粒  溶けて染み込んでゆく

手を繋いで  未来へと続いてくよ
見えない闇の中でも  君とふたり

手を繋いで  どこへでも行けるよ
ふたりで歩く  この道  雨音ワルツ

テキストのコピーはできません。